読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Startup Live! に登壇してきました

こんにちは、MUGENUP CTOの伊藤です。

12月1日の日曜日にリクルートキャリアアカデミーホールで開催された「Startup Live!」というイベントに、パネルディスカッションのパネラーとして登壇してきました。

f:id:mgnup:20131203162541j:plain

Startup Live!ってなに?

開催概要についてはatndなどに書いてあるので引用します。

【現在参加者100名突破!更に増席50席分はこちら!】12/1(日)開催、話題の急成長スタートアップ8社の経営者が登壇!Start up Live! : ATND

■開催背景 2010年以降ソーシャルメディア、スマートフォンなどの各領域の拡大や日本のベンチャーキャピタルの投資規模拡大により急速に立ち上がるベンチャー企業が増加して参りました。以前に比べ、大企業から起業する人材層や、大企業から数名から数十名のベンチャーの経営幹部となるケースも増加しており、それらの背景から人材大手のリクルートキャリアとシードアーリーステージ企業の支援に特化したベンチャーキャピタルのSkyland Venturesが組んでスタートアップに特化し、成長ベンチャーの社長、CTOと直接会えるリクルーティングセミナーStartup Live!を開催します。当日は成長著しいベンチャー企業の社長、CTOが8社登壇します。

というわけで、「成長ベンチャーのCTO」としてMUGENUPから乗り込んできました。

スタートアップの勢い

クラウドワークス代表吉田さんの講演から始まり、パネルディスカッション<ビジネス>、パネルディスカッション<エンジニア>と各社ともイキイキとした内容となっており、スタートアップならではの面が良く出たイベントでした。

また、イベント翌日の12月2日(月)には登壇企業の内2社が調達のリリースを出しており、その点も改めてスタートアップの勢いを感じる出来事でした。

f:id:mgnup:20131203191925j:plain

パネルディスカッションでは主に

  • 開発体制はどうなっているか
  • スタートアップのやりがい
  • 今後エンジニアはどうすればいいのか

といった内容について話してきました。

開発体制はやはり気になるところで結構イベントの時などでも話題になりますよね、 せっかくなので弊社の開発体制についてここで少しご紹介します。

MUGENUPシステムチーム開発体制

MUGENUPではクラウドのクリエイターさんと社内の人間をつなぐ「MUGENUP WORK STATION」という システムで全ての制作物を管理しており、システムチームはその開発、運用を行っています。

チームで利用しているサービス、ツールは主に以下のものになります。

  • PivotalTracker ストーリーの管理
  • GitHub コードの管理、プルリクのレビューなど
  • AWS サーバーサイドは全てAWSです
  • ChatWork チーム内や社内の人との情報共有
  • Skype チーム内の情報共有
  • Qiita:Team チーム内のノウハウの共有など
  • Toggl 見積もりの実測値計測用に

基本的に週に一回のタイミングでリリースを行うので、現在は週一で振り返りを行っています。

f:id:mgnup:20131203164754j:plain

(イーゼルパッドと付箋を用いてぺたぺたやっています)

話は戻って

さて、そんなこんなでベンチャー色が出まくったイベントだったんですが、当日はLINE株式会社の森川社長もいらっしゃっていてブログに書かれています。

ベンチャー企業のリクルートイベントに行ってきました : LINE株式会社 森川社長ブログ

私自身今後はイベント等にどんどん出て行きたいと考えているので、MUGENUPのこと、MUGENUPシステムチームのことで話したいことがある人はぜひお声をかけてもらえればと思います。

宣伝

MUGENUP では、アジャイルな開発に興味津々なエンジニアを募集中です。 無限流開発、ご一緒しませんか?

大きな裁量で自社サービス開発!Rubyエンジニアをウォンテッド! - 株式会社MUGENUPの求人 - Wantedly

f:id:mgnup:20131118023234p:plain